プロフィール

実行力の神⾕しゅんいち
これまでの確かな経験と実行力
千葉市で、地域で、霞ヶ関で、世界で、危機管理・防災、地域福祉、産業政策など多くを学んできました。
1973年

愛知県生まれ

1996年

東京大学経済学部卒業後、旧自治省入省

2001年

在ヨルダン日本国大使館

イラク戦争に遭遇。邦人保護の危機管理を経験。
基礎生活(BHN)分野の経済協力を担当し、ヨルダン国内の上水道プロジェクトを推進

2004年

佐賀県農林水産商工本部新産業課長

帰国後、地場産業と新産業の振興、企業立地を推進
大手自動車照明メーカー、大手損害保険会社コールセンターの立地が実現

2010年

佐賀市副市長

浸水排水対策、まちなか再生、市産品の販路開拓、企業誘致、高齢者の移動手段の確保など様々な分野でまちづくりを推進

2013年

2018年

千葉市役所勤務

千葉市副市長、経済農政局長、経済部長時代の実績

千葉市政に精通し、千葉市の先駆的施策に
リーダーシップと調整力を発揮

2013年、千葉市経済農政局経済部長に就任、その後、経済農政局長。
2015年、熊谷市長の指名、議会の信任を受け、副市長となり、2018年まで務める。この間、大雪災害、台風災害などにおいて被災農業者・中小企業支援、道路等の各種インフラの復旧対応を指揮したほか、消防局所管の副市長として危機管理の一翼を担う。

約5年間の在籍中、

  • 飛躍的な成果を上げた企業立地施策や産業用地整備
  • 市内中小企業の販路拡大を支援するトライアル発注制度の創設
  • レッドブルエアレース開催に向けた国、県、地元関係者、民間事業者との調整
  • 日本初の国際規格による競輪開催と新競輪場整備
  • 羽田空港着陸便の騒音問題の解消に向けた国との協議 など、

千葉市の先駆的施策の多くに関わりました。 また、

  • 雨水対策重点地区整備基本方針の策定
  • 各消防署の訓練施設の整備、消防団の資機材の充実など地域の安心安全をより確実なものにしてきました。
2001年

消防庁国民保護・防災部広域応援室長

西日本豪雨や北海道胆振東部地震で緊急消防援助隊の出動を指揮、消防防災ヘリコプター安全基準を策定、大規模水害に備えるため水陸両用車を全国の消防本部に配備
(2019年の房総半島台風でも配備した車両が人命を救助)

プライベート

~ 誰もが安心と豊かさを感じられる千葉市へ ~

これまで千葉市、佐賀市はじめ地方自治の現場で、また霞が関や海外で、
災害対応、地域福祉、産業政策について多くを学んできました。

千葉市では副市長を務め、災害時には、
消防局とともに危機管理の一翼を担ったほか
被災者の支援に全力を挙げました。
飛躍的な成果を上げた企業立地や産業用地整備など、
先駆的な事業の多くを手掛けてきました。

こうした確かな経験のすべてを注げば、
千葉市を災害に強く、安心して長く暮らせる街として
一層発展させることができるのではないかとの思いを強くし、
今の千葉市を、私なりに発展させていくことが
自分に課せられた役割ではないかと考えております。

市政運営は「5つのビジョンと11の約束」を確実に実施していきます。
また、県市間連携を強化し、長年の課題の解決に向けて取り組みます。

千葉市は、自然の豊かさに都市の利便性を兼ね備え、そして
地域の温かいつながりが感じられるまちです。
コロナ禍で東京一極集中が緩和し、職住接近に生活様式が
変わりつつある中で、千葉市はその変化に対応できる
大きな可能性があるまちだと確信しています。

対話と現場主義を第一に、市内6区をくまなく歩いて
実際にお話しをうかがい、課題にスピード感をもって
対応しながら、次の10年、100年への道標を掲げ、
市民生活をまもり、経済をうごかしていく
まちづくりをひたむきに進めていきます。

神谷 俊一 (かみや しゅんいち)