新型コロナウイルス感染症関連対策

緊急対策

新型コロナウイルス感染症対策と危機管理・防災体制の構築

1ワクチン接種を迅速に行える体制を整え、正しい情報を公表します。

希望する市民に無料でワクチン接種するための体制を構築し、特に65歳以上の市民の身近な接種場所を確保します。ワクチンの情報をわかりやすく公表します。市長交代時においても円滑な準備を進めます。

2市民の学びの機会や自宅にこもりがちな
高齢者の健康づくりを支援するとともに、
サービス業の事業継続を支援します。

感染拡大の収束後、「習いごと応援キャンペーン」を新年度も実施します。
また、国、県協力金等の状況を踏まえ、支援が必要な業種、事業者への給付を具体化します。

31月に中止となった成人式を、
改めて開催します。

成人式は人生に一度の晴れ舞台。中学高校時代の友人との再会の場でもあります。新型コロナウイルス感染症の収束を見極めて、改めて令和2年度に成人式を迎える新成人を対象にした「もうひとつの成人式」を開催します。

4新年度も全年齢を対象に
インフルエンザワクチン接種に対する
補助を行います

感染症対策を徹底し、医療機関の負担軽減にもつなげるため、新年度も全年齢の市民を対象にインフルエンザワクチン接種の経費を上限3,000円補助します。

5多子世帯の第3子以降の給食を無償化します。

子育ての負担を軽減し、コロナ禍で一層厳しくなっている家計を支援するため、多子世帯の第3子以降の給食を無償化します。

6市長直轄の危機管理・防災組織を設置します。

危機管理・防災の初動を一層迅速に行うため、局長級の危機管理監を設置し、必要な職員を配置します。